• リサイクルバナナ菊水店

蛸だって夢を見る?www

更新日:8月16日


皆さんこんにちは。

札幌 白石区のリサイクルショップ リサイクルバナナ菊水店ですおwww

(^ω^)


人は人生の1/3を睡眠に充てている。なんてお話をよく耳にします。

その1/3は何を基準に割り出しているのかよくわかりませんが、まぁおおよそそんなもんなんでしょうね。

バナナの中の人はいっぱい寝てしまう方かもしれません。若い時は寝る間も惜しんで遊んだりしていましたが、今はもう無理ですね。出来るだけたくさん寝たいので夜ふかしも殆どありません。


バナナの中の人はベッドで寝ているのですが、皆さんはいかがでしょうか?

床に敷布団って方もいればベッドマットレスだけの人もいるでしょう。精も根も尽きてソファーで寝てしまう?いやいや、ウォーターベッドが至高だよ、低反発マットレス、高反発マットレス… そうですね、近年は寝るために使う寝具がたくさんあって人それぞれが自分に一番しっくり来る寝具をお使いのことと思います。

最も一般的なのは、やはりベッドでしょうか。

ベッドって欧米から日本に入ってきて定着した感がありますよね。それこそ戦後あたりみたいなイメージでした。

ところが、ベッド的なものははるか昔から日本にはありました。


寝具の歴史 - ねむりくらし研究所より日本最古のベッド
寝具の歴史 - ねむりくらし研究所より日本最古のベッド

約1600年前、天平勝宝8年(756年)に光明皇后が聖武天皇の御遺愛の品を東大寺に献納された時、他の品物と一緒に納めたといわれる正倉院御物の寝台(御床)だそうです。

ヒノキで作られたベッドなんですって。

このベッドの上にゴザ的なものを敷いて、掛け布団は脱いだ着物を掛けて寝てたそうです。

ただし、このような寝具で寝ていたのは身分がすごく上の人達だけです。

江戸時代に入るくらいまでは藁の中に潜って寝ていたそうです。

江戸時代頃の富裕層は綿の入った掛け布団を使っていたそうですが、一般の人達は引き続き藁を和紙製の布団に入れたものを掛け布団に使っていたとか。


ところで、テレビでしか見たことがないのですが本州ではまだ「となりのトトロ」で見るような蚊帳って一般的なものなのでしょうか?

江戸時代に入っても富裕層のみの物であった蚊帳ですが、明治に入ったあたりからだんだんと一般家庭にも普及し、昭和40年代には最盛期を迎えたようですね。エアコンの普及により徐々に生産は減ってしまったようですが、蚊帳って僕からしてみるとちょっと憧れちゃうアイテムだったりします。だって、今まで一度も使ったことないんですもの。


北海道の住宅の多くは明治以降の建物であり、また、降雪の関係で比較的窓を大きく作ったり縁側を設けることが困難です。

長い縁側に沿って部屋があり、そこを開け放しにして一夜を過ごすのに蚊帳を設置する必要があるってシチュエーションは経験がありません。

北海道の一般的な住宅の窓にはほぼ100%網戸が付いていますから暑くて窓を開けて寝る場合は網戸を使えば蚊帳の設置が必要ないのです。

また、20年ほど前にはほんの僅かでしたが最近の一般住宅にもエアコンは必須アイテムになりつつあります。賃貸のマンションやアパートも最近はエアコンが標準装備になってきたような感じがありますね。


日本の経済が高度成長期を迎え、最初のオリンピックが来て、新幹線が開通し、大阪万博をやり、オイルショックも過ぎた頃からでしょうか。それでもまだ決して布団は安いものではなかったと記憶していますが、化学繊維を使用したポリエステル綿の出始めた頃からは段々と布団も安価になっていた気がします。

そんな中、割と高級路線の布団メーカーのCMが話題をかっさらいます。

誰もが2枚、2枚!、2倍、2倍!って真似していましたwww

外国人でありながら日本の相撲に真摯に取り組んだ姿や、ファニーなキャラクターで人気だった高見山さんが出演していた布団のCMです。

これはなかなかのインパクトでしたねwww


その後、基本的な寝具は羽毛布団か、綿の布団か、化学繊維の布団か、スポンジの四季マットレスかスプリングマットレスのベッドか、大まかに分けるとその程度の違いだったと思います。エアーベッドやウォーターベッドもありましたが、これはあまりにも一般的ではなかったと思います。


今から20年くらい前でしょうか。めちゃくちゃ高いけどめちゃくちゃ良いって噂の枕をよく店頭で見かけるようになりました。

低反発素材のパイオニア「テンピュール」です。

枕で数万円ですよ。マットレスは余裕の20万超えでしたwww たしかに良いのは分かるんだけどあまりにも高すぎました。でも、この低反発素材も10年くらい掛けていろいろな模倣品が出始め、シングルのマットレスでも5,000円位でホームセンターで売られるようになります。(見かけた時は速攻で買いましたwww)

また、深夜にやっている通販番組でもやたらとでかい枕?が売られたりと低反発のジャンルは中々の飽和状態になってきました。


そこに、フィギュアスケートで有名な選手がわざわざ海外の遠征に持っていったことで火の付いたマットレスがありました。おそらくナイロンかな?太めの釣り糸を複雑に絡めあわせてマットレスの形状に仕上げたってアンビリーバボーで言ってましたwww そうです、エアウィーブです。



このように、近年の人々はいかに快適に寝ることが出来るかを追求して、どんどん新製品を生み出してきました。



ただし、これは本当に近年の話です。特に欧米では近代に至るまで睡眠は無駄な行為として捉えられていたそうですから。

「睡眠は眠気を覚ます以外に何も役に立たない」ってブラックジョークがジョークではなく本意で通用するくらいだったと言います。

ですので、近代に入り科学的に睡眠が無駄なものではなく必要であり大事なものであると解明され始めたおかげで様々な快眠グッズが生まれたのですから、睡眠大好きマンの僕にとっては大変ありがたいことです。



さて、こんな話をしたので今回の商品紹介はエアウィーブかテンピュールかトゥルースリーパーあたりを皆さんは想像したかもしれません。

えーっと…残念ながらどれも当店にはありませんでしたwww

代わりと言ってはなんですが、最近よくお問い合わせのある商品を



なぜだか最近はベッドに関するお問い合わせが多い気がします。

当然っちゃ当然なんですが、ベッドは組み立ててしまうと大きくて店頭には置けません。

なので、当店の倉庫にバラした状態で保管しています。

そこで是非、ジモティーをご活用いただきたいのです。組み立てた状態の商品を画像で確認できます。

画像に一応リンクを張ってみましたが、当店以外の在庫もちょこっと出ちゃうくらいにしかソートできませんでしたwww

なので、当店のジモティーアカウントをフォローしていただければ当店の在庫だけ表示する事ができます。その中からベッド選んで御覧くださいね。あ、もちろんベッド以外の家具や家電も色々と見ることができます。

お時間がある方は是非チェックしてみてくださいね!

m9(・∀・)ビシッ!!


















最近通販サイトなんかで見かける圧縮されたベッドマットレスをご存知ですか?

あれ、かなりの圧縮率らしく、開封すると結構な音量でベコベコバコバコと音がなってちょっと怖いんですよねwww

ただし、一度開封しちゃうとその後は元には絶対戻らないし、使用しているとマットレス自体の耐久性も幾分低いのではないかって感じます。

一長一短ですねぇ…。今後、より良い商品がまた開発されるのを待っていたいと思います。

(^ω^)



16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示