• リサイクルバナナ菊水店

リモコンてんこ盛り(りもこんてんこもり)※回文

最終更新: 2020年6月24日

みなさんこんにちは。

札幌のリサイクルショップ

リサイクルバナナ菊水店ですおwww


今やあって当たり前の物で生活に欠かせない物の一つに『リモコン』があるのではないでしょうか?

テレビは勿論、HDDレコーダーやDVD/BDプレーヤーなどの映像機器、オーディオ機器、照明器具、空気清浄機、エアコン、扇風機、車のドアロックなどなど… 何でもリモコンで操作する時代になりましたね。


リモコンって言うと今はワイヤレスが当たり前でその送受信に関わる方法も様々ですね。

赤外線式が主な方法かとは思いますが、その他に電波式や超音波式などがあるようです。

でも、有線の物も基本的にはリモコンなんですよ?リモート(遠隔)コントロール(操作)なのですからwww


このように本体とコントローラーがワイヤードになっていてもリモコンはリモコンです。

昔の幼児向け電動玩具やまだ赤外線リモコンが一般的ではなかった頃のテレビにもワイヤードリモコンが使われていたことがありましたwww


さて、先述したように今やないと困るリモコン。当店に入荷する液晶テレビもリモコンが欠品したりするとなかなか売れてくれません。なので、純正リモコンは高いので当店では年式の新しい物には汎用リモコン(各社共通リモコン)なんかを別途ご用意の上販売することもあります。

年式が古い液晶テレビでもリモコンが付属された状態で入荷することもありますが、何故か総じてみんなかなり汚いwww

テレビのリモコンって掃除がしづらく感じますよね。ボタンがたくさんあって雑巾なんかは引っかかるし溝に汚れは残るし。中にはサランラップを巻いたり専用のフィルムなんかを使われている方もいらっしゃいます。あれはリモコンが汚れなくていいんですが結構使いづらくなりません?


さて、前置きがかなり長くなりましたが今回の本題です。

リモコンのお掃除は簡単です。

今回は我々プロフェッショナルが行っているリモコンのお掃除をご紹介致します。



うへー! きったないwww

今回はこれを綺麗にしますwww



用意するのはこちら

①普通の雑巾 ②普通の洗剤 ③普通の使い古したハブラシ

この3点だけです。



まずは念の為リモコンの電池を抜いてから洗剤を汚れている面にブシュブシュかけます。

完全に水没させない限りリモコンは簡単に壊れたりしません。



続いて、ハブラシでガシガシ擦ります。

手袋が必要なほど強い洗剤は使わないで下さい。数字などが印字されている塗料が落ちてしまったり、ボタンのゴムが変質してしまう可能性があります。ごく普通の洗剤で十分綺麗になります。



雑巾で軽くふくだけでここまで綺麗にはなるのですが、あともう一つやってほしいことがあります。



左手に4つ折りくらいにした雑巾をのせ右手にリモコンを持ち、ボタンの面を何度かポンポンと雑巾に叩きつけます。

これは、ボタンの溝に残っている汚れや洗剤を中から出す作業ですね。



ご覧の通り、隙間に残っていた汚れと洗剤が雑巾に!

後はもう一度軽くリモコンを拭き上げておしまい。これでリモコンはめっちゃキレイになります。


いかがでしたか?簡単に綺麗になりましたね!

是非、参考にしてご自宅のリモコンをピッカピカにしちゃって下さい!!

(^ω^)


※弊社でこの方法を使った清掃方法でリモコンが壊れたことはありませんが、あくまでも自己責任にて実施して頂きますようお願い致します。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示